消臭剤に関する情報が満載!

Good Smell

消臭剤を置く位置って重要?

普段から換気などに気を付けていても、家の中というのはどうしても空気がよどんでしまう場所や臭いニオイが溜まってしまう場所が出てくるものです。
そういった場合、消臭剤を置いて対処されているご家庭もあるのではないでしょうか。
ただ、そこで消臭剤をなんとなく置くよりも「置き方」にまで意識してみると効果に違いが出るかもしれません。
まずは「空気の流れ」が悪いところに置いてみましょう。
普段から窓やドアを閉めっぱなしにしている場所は、空気の流れが悪く、悪臭がたまりやすくなっています。
玄関などは出入口ではありますが、基本的にはドアは閉めっぱなしで、しかも靴などのニオイの原因となりやすい物が置いてあったりするので、消臭剤を置いてみる価値はあります。
普通の部屋でもホコリが溜まりやすいところは要チェックです。
ホコリが溜まりやすい場所は、空気の流れが悪い場所である場合があります。
次に置く「高さ」についても意識してみましょう。
一般的には悪臭などのニオイは、空気よりも重いと言われています。
そのため、上に置くよりも下に置いた方が良いかも知れません。
ただしニオイの発生源が分かっていて、それがどこにあるのか明白な場合は、その発生源の近くに置いてみる方が良い場合があります。
もちろんセオリー通りにいかないこともあるかも知れませんが、置き場所について少し意識してみてはいかがでしょうか。

消臭剤を正しく選ぶポイントとは

消臭剤は部屋の内部の臭いが気になる時に使うと効果的で、服などに不快な臭いが付着しないように考えて決める方法が望ましいです。
消臭をする時は置く場所を正しく決め、風通しを良くして効果を出せるように使う必要があります。
部屋の臭いはたばこやハウスダストなどが原因で発生しやすく、衣類などに付きやすく不快な臭いを発生させて周囲に迷惑をかけるため対策をする必要があります。
消臭剤はスーパーなどの販売店で扱っており、価格や内容を確かめて効果を出せるように決める方法が望ましいです。
部屋の不快な臭いを除去する方法は換気などをすると効果的ですが、気温が高くなると蚊などの虫が入りやすいことや冷房を付けるため閉めきった状態になります。
室内外の温度差が激しい時は窓に水滴が発生するため室内に湿気が発生し臭いの原因になるため、室内の消臭をしなければ衣服に臭いが付着します。
消臭剤を正しく選ぶポイントは室内の臭いを消せるように内容を確かめ、不快な臭いを消して快適な環境で生活ができるように考えて決めることが大事です。
室内の消臭をする時は風通しを良くすることを考え、臭いが発生する原因を確かめて快適に過ごせるように改善する必要があります。

pickup

産業用ドローン

医学部の予備校に通う

Last update:2017/8/10

Copyright (C) 2015Good Smell All Rights Reserved.